松井常松 Official WebSite.

松井常松
2018.11.13
「無題」

「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた。

ずっと泣きっぱなしだった。

いい映画だったな。

2018.09.27
「ありがとう」

高崎音楽祭「ナイロンナイツ PREMIUM 2018」終えて4日目です。ようやく気持ちが落ち着いてきました。まずはお礼の言葉から言わせてください。今回の会場を提供してくれた「ザ・ジョージアンハウス1997」のスタッフの皆さん、それからラジオ高崎のスタッフの皆さん、いつもボランティアで手伝ってくれるノーサブジェクトの皆さん、それから高崎音楽祭協賛企業の皆さん、そして何よりも、あの日、あの場所に集まってくれたファンの皆さん、皆さんの貴重な時間を僕のために使ってくれてありがとう。ライブ中、それから終わった後、いつも思うことですが、僕ほど幸せな者は他にいないということ。自分勝手で頑にやりたいことしかやらない僕ですが、そんな僕を信じてずっと寄り添ってきてくれている皆さん、みんなのお陰様で僕は生かされています。みんなの心に支えられているから僕は頑張れています。若い頃はガンバルという言葉が好きではなくて、何だか胡散臭くて格好悪いイメージしかなかったのですが、最近は変わってきました。自分の言葉に責任を持ち、頑張ると言い切ることでやり遂げる、そういう作用のある言葉なんだなと、今更ながらようやく気づきました。だから敢えて言います。これからも、みんなのために、そして自分の人生のために、頑張ります。

2018.09.18
「ナイロンナイツ PREMIUM 2018」

いよいよ、今週末は高崎音楽祭でのライブです。昨年の音楽祭では会場がコンサートホールということもあり、選曲やアレンジも含めて作り込んだ印象だったと思いますが、今回の会場は結婚式場です。皆さんが、より気楽に楽しんでいただけるような選曲、アレンジでお迎えしたいと思っています。最後には皆さんの笑顔が見れるような、そんな良いライブになるよう、がんばります。
皆さんにお会いできるのが楽しみです。

2018.09.08
「ありがとう。」

明日の放送になりますが、ラジオ高崎「SOLID SOUNDS」の収録後にスタジオのドアを開けると、目の前にこんな光景が広がっていました。まるで、自分の誕生日をお祝いしてもらっているようで、ちょっと嬉しかったです。番組宛のメールもお祝いメッセージが多かったし、ホームページにもたくさんのお祝いメールが来ていました。
また、皆さんから大きなパワーをいただきました。
いつもありがとう。

2018.07.01
「9/23 ザ・ジョージアンハウス1997 」

今年も高崎音楽祭に出演させていただくことになりました。
詳しい情報は、こちらでご確認ください。

 

http://www.takasakiongakusai.jp/
https://www.matsuitsunematsu.com/live/

2018.06.04
「ありがとう、大阪」

声帯のトラブル、初めての経験でした。喉が枯れて声が出せなくなるなんて。

ミュージシャンとしては本当に情けなくて、最低のライブだったと反省しきりです。

けれども、崖っぷちのステージから得たものもたくさんありました。人としても、アーティストとしても。いろんな意味で成長しなければならない試練を与えてもらったのだと、今は思っています。

それもこれも、みんなが居てくれたから。いつもと変わらず、あったかい気持ちでずっと見守ってくれていたから。

あんなステージだったけれども、不思議なことに、じつは俯瞰で見ているもう一人の自分もいて、あたふたと悪戦苦闘している自分の姿を楽しんでいるようなところもありました。演奏も歌もボロボロだったけれども、でも、魂というか、心のより深いところで、また、みんなと繋がり合うことができたような、とても幸せな時間でもありました。忘れられないステージになりそうです。あらためまして、感謝します。

あの場に居てくれてありがとう。

あの時間を共有してくれてありがとう。

僕の一番恥ずかしいところを見てくれてありがとう。

 

いつもありがとう。

2018.05.30
「いよいよ今週末」

今度の土曜日は大阪です。

久し振りのKnaveでのライブ、久し振りの弾き語りライブ、「ナイロンナイツ・アローン」です。

昨年の高崎音楽祭「ナイロンナイツ PREMIUM」は、サポートメンバーも豪華で贅沢なライブでした。クラシックホールでのコンサートということもあり、近年の活動の中では、適度に緊張感のあるステージでした。が、今回は久々のマッタリです。

幼なじみの友人たちと、馴染みの店でゆったりと語り合うような、そんな時間を過ごせたらいいなと思っています。メニューも前回と比べると、10曲ほど入れ替える予定です。

楽しみにしていてください。

僕もすごく楽しみです。

2018.04.01
「お知らせ」

音楽誌「Player」5月号(4月2日発売)に、インタビューが掲載されます。

ニューアルバム「liquid」についてお話させていただきました。

ご興味のある方は是非。

2018.03.10
「ライブ情報」

大阪「南堀江Knave」でライブやらせていただきます。

6月2日、土曜日です。

久し振りの弾き語り「アローン」です。

詳しくは、当ホームページ「LIVE」をご覧ください。

ちょっと先のことですが、楽しみです。

2018.02.08
「お知らせ」

アルバム「liquid」のリリースを記念して、トークイベントをさせていただくことになりました。

当日は、音楽誌 Player編集長の北村和孝さんをお招きして、ニューアルバムについて色々とお話させていただこうと思います。

タワーレコード高崎オーパ店

2月24日(土) 15:00~(予定)

http://dreamusic.co.jp/artist/matsui/29306.html

2018.02.08
「お知らせ」

USEN(C-43)「VINTAGE MUSIC」ゲスト出演決定!
2週に渡り、”過去、現在、未来”までの様々なお話、ニューアルバム「ilquid」(2/21リリース)について語っています!

「VINTAGE MUSIC」
■メディア
USEN
■番組名
「VINTAGE MUSIC」C-43チャンネル
■放送日
(前半)2/19~2/25 、(後半)2/26~3/4
毎日 0:00~、3:00~、6:00~、9:00~、12:00~、15:00~、18:00~、21:00~
1時間番組
■HP
http://music.usen.com/

2018.02.01
「liquid」

「上善水の如し」という老子の言葉があります。最高の善というのは水のようなもので、万物に利益を与えながらも、他と争わず器に従って形を変え、自らは低い位置に身を置くという水の性質を、理想の人生に例えた言葉だそうです。この思想のとおりに生きるのは、実際には難しいことが多々あると思います。でも、大きなヒントが隠された言葉だとも思います。

音楽の表現に於いても、水のように変幻自在であれたらいいな、という思いはいつもあります。一つの方法、一つのスタイルに拘って、それを磨き上げて更に高見を目指していくというスタンスは、ミュージシャンにとって本来正しいことだし美しいことです。でも、どうやら僕はそういうことが苦手なようです。ステージではアコースティックギターを片手に気楽に歌うことが好きだし、音楽制作に於いては、PC自体が一つの楽器のような感覚で、その孤独の中でジャンルやスタイルの壁を越え、自由気ままに緻密に積み上げていく作業が好きです。無理矢理ですがジャンル化するとしたら「電子音楽の方法論や技術を利用したフリーフォームな音楽=エレクトロニカ」というのが一番近いかもです。でも、やっぱり自分の音を既成のジャンルに当てはめるのには無理がある。根底にあるのはロックですから。アンビエント的な陶酔や恍惚感だけではなく、自分自身の中での新鮮で斬新な驚きをいつも求めてしまうのです。

1 / 11
2018.11.13
「無題」

「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた。

ずっと泣きっぱなしだった。

いい映画だったな。

2018.09.27
「ありがとう」

高崎音楽祭「ナイロンナイツ PREMIUM 2018」終えて4日目です。ようやく気持ちが落ち着いてきました。まずはお礼の言葉から言わせてください。今回の会場を提供してくれた「ザ・ジョージアンハウス1997」のスタッフの皆さん、それからラジオ高崎のスタッフの皆さん、いつもボランティアで手伝ってくれるノーサブジェクトの皆さん、それから高崎音楽祭協賛企業の皆さん、そして何よりも、あの日、あの場所に集まってくれたファンの皆さん、皆さんの貴重な時間を僕のために使ってくれてありがとう。ライブ中、それから終わった後、いつも思うことですが、僕ほど幸せな者は他にいないということ。自分勝手で頑にやりたいことしかやらない僕ですが、そんな僕を信じてずっと寄り添ってきてくれている皆さん、みんなのお陰様で僕は生かされています。みんなの心に支えられているから僕は頑張れています。若い頃はガンバルという言葉が好きではなくて、何だか胡散臭くて格好悪いイメージしかなかったのですが、最近は変わってきました。自分の言葉に責任を持ち、頑張ると言い切ることでやり遂げる、そういう作用のある言葉なんだなと、今更ながらようやく気づきました。だから敢えて言います。これからも、みんなのために、そして自分の人生のために、頑張ります。

2018.09.18
「ナイロンナイツ PREMIUM 2018」

いよいよ、今週末は高崎音楽祭でのライブです。昨年の音楽祭では会場がコンサートホールということもあり、選曲やアレンジも含めて作り込んだ印象だったと思いますが、今回の会場は結婚式場です。皆さんが、より気楽に楽しんでいただけるような選曲、アレンジでお迎えしたいと思っています。最後には皆さんの笑顔が見れるような、そんな良いライブになるよう、がんばります。
皆さんにお会いできるのが楽しみです。

2018.09.08
「ありがとう。」

明日の放送になりますが、ラジオ高崎「SOLID SOUNDS」の収録後にスタジオのドアを開けると、目の前にこんな光景が広がっていました。まるで、自分の誕生日をお祝いしてもらっているようで、ちょっと嬉しかったです。番組宛のメールもお祝いメッセージが多かったし、ホームページにもたくさんのお祝いメールが来ていました。
また、皆さんから大きなパワーをいただきました。
いつもありがとう。

2018.07.01
「9/23 ザ・ジョージアンハウス1997 」

今年も高崎音楽祭に出演させていただくことになりました。
詳しい情報は、こちらでご確認ください。

 

http://www.takasakiongakusai.jp/
https://www.matsuitsunematsu.com/live/

2018.06.04
「ありがとう、大阪」

声帯のトラブル、初めての経験でした。喉が枯れて声が出せなくなるなんて。

ミュージシャンとしては本当に情けなくて、最低のライブだったと反省しきりです。

けれども、崖っぷちのステージから得たものもたくさんありました。人としても、アーティストとしても。いろんな意味で成長しなければならない試練を与えてもらったのだと、今は思っています。

それもこれも、みんなが居てくれたから。いつもと変わらず、あったかい気持ちでずっと見守ってくれていたから。

あんなステージだったけれども、不思議なことに、じつは俯瞰で見ているもう一人の自分もいて、あたふたと悪戦苦闘している自分の姿を楽しんでいるようなところもありました。演奏も歌もボロボロだったけれども、でも、魂というか、心のより深いところで、また、みんなと繋がり合うことができたような、とても幸せな時間でもありました。忘れられないステージになりそうです。あらためまして、感謝します。

あの場に居てくれてありがとう。

あの時間を共有してくれてありがとう。

僕の一番恥ずかしいところを見てくれてありがとう。

 

いつもありがとう。

2018.05.30
「いよいよ今週末」

今度の土曜日は大阪です。

久し振りのKnaveでのライブ、久し振りの弾き語りライブ、「ナイロンナイツ・アローン」です。

昨年の高崎音楽祭「ナイロンナイツ PREMIUM」は、サポートメンバーも豪華で贅沢なライブでした。クラシックホールでのコンサートということもあり、近年の活動の中では、適度に緊張感のあるステージでした。が、今回は久々のマッタリです。

幼なじみの友人たちと、馴染みの店でゆったりと語り合うような、そんな時間を過ごせたらいいなと思っています。メニューも前回と比べると、10曲ほど入れ替える予定です。

楽しみにしていてください。

僕もすごく楽しみです。

2018.04.01
「お知らせ」

音楽誌「Player」5月号(4月2日発売)に、インタビューが掲載されます。

ニューアルバム「liquid」についてお話させていただきました。

ご興味のある方は是非。

2018.03.10
「ライブ情報」

大阪「南堀江Knave」でライブやらせていただきます。

6月2日、土曜日です。

久し振りの弾き語り「アローン」です。

詳しくは、当ホームページ「LIVE」をご覧ください。

ちょっと先のことですが、楽しみです。

2018.02.08
「お知らせ」

アルバム「liquid」のリリースを記念して、トークイベントをさせていただくことになりました。

当日は、音楽誌 Player編集長の北村和孝さんをお招きして、ニューアルバムについて色々とお話させていただこうと思います。

タワーレコード高崎オーパ店

2月24日(土) 15:00~(予定)

http://dreamusic.co.jp/artist/matsui/29306.html

2018.02.08
「お知らせ」

USEN(C-43)「VINTAGE MUSIC」ゲスト出演決定!
2週に渡り、”過去、現在、未来”までの様々なお話、ニューアルバム「ilquid」(2/21リリース)について語っています!

「VINTAGE MUSIC」
■メディア
USEN
■番組名
「VINTAGE MUSIC」C-43チャンネル
■放送日
(前半)2/19~2/25 、(後半)2/26~3/4
毎日 0:00~、3:00~、6:00~、9:00~、12:00~、15:00~、18:00~、21:00~
1時間番組
■HP
http://music.usen.com/

2018.02.01
「liquid」

「上善水の如し」という老子の言葉があります。最高の善というのは水のようなもので、万物に利益を与えながらも、他と争わず器に従って形を変え、自らは低い位置に身を置くという水の性質を、理想の人生に例えた言葉だそうです。この思想のとおりに生きるのは、実際には難しいことが多々あると思います。でも、大きなヒントが隠された言葉だとも思います。

音楽の表現に於いても、水のように変幻自在であれたらいいな、という思いはいつもあります。一つの方法、一つのスタイルに拘って、それを磨き上げて更に高見を目指していくというスタンスは、ミュージシャンにとって本来正しいことだし美しいことです。でも、どうやら僕はそういうことが苦手なようです。ステージではアコースティックギターを片手に気楽に歌うことが好きだし、音楽制作に於いては、PC自体が一つの楽器のような感覚で、その孤独の中でジャンルやスタイルの壁を越え、自由気ままに緻密に積み上げていく作業が好きです。無理矢理ですがジャンル化するとしたら「電子音楽の方法論や技術を利用したフリーフォームな音楽=エレクトロニカ」というのが一番近いかもです。でも、やっぱり自分の音を既成のジャンルに当てはめるのには無理がある。根底にあるのはロックですから。アンビエント的な陶酔や恍惚感だけではなく、自分自身の中での新鮮で斬新な驚きをいつも求めてしまうのです。

1 / 11