松井常松 Official WebSite.

松井常松
2015.12.31
「ありがとう」

今年もお世話になりました。
みなさんのお陰様で、また良い一年を過ごすことができました。
ライブも楽しませてもらい、アルバムもリリースすることができ、充実した一年でした。
自由気ままな僕を、いつも支えて応援してくれてありがとう。
僕は本当に幸せ者です。

 

来年もよろしく。
良いお年を。

2015.12.23
「ようやく」

みなさんのお手元にも届いたであろうニューアルバム。

「Moments In Love」

今夜は久し振りにスパークリングワインでも開けて、ゆったりと聴いてみたいと思います。

初めて聴いてくれるみなさんの気持ちを想像しながら。

楽しみです。

ほんの少し早いけど、みなさんにとって良いクリスマスになることを願って。

メリー・クリスマス!

いつも、ありがとう。

IMG_5687

2015.12.19
「Chet Atkins CE」

記念にいただいたモノだけど、すごくいいです。

色もソリッドな黒でかっこいいし。

少しづつ、馴染んでいくのが楽しみです。

長いつきあいになりそう。

IMG_5967

2015.12.17
「もうすぐ」

ニューアルバムのサンプル盤が届きました。

もうすぐ、みんなに聞いてもらえる。

楽しみです。

IMG_5989b

2015.11.21
「スゴイです!」

代官山のTSUTAYAに行ったら、この子がいました。
物凄くお利口なのでビックリしたけど、お利口過ぎて会話が終わらない。笑
予想を遥かに超えた、お喋りさんでした。
動きも凄く可愛いい。
欲しいというより、ファンになってしまったかも。

image1a

2015.11.09
「ありがとう」

大阪ライブ、終わってしまった。
またしばらくの間、みんなに会えないと思うと寂しいです。
そう思ってしまうくらいに、楽しい時間だったから。
たくさんの笑顔をありがとう。
みんなの笑顔が僕のエネルギーの源です。
僕の心を育む栄養です。
また会いに来てください。
来れる時、来れる場所に。
僕はずっと続けていきます。

2015.11.01
「ありがとう」

昨日のライブ、最高でした。
ハロウィンでお足下の悪い中(笑)渋谷に集まってくれた皆さん、遠くから会いに来てくれた皆さん、帰りは大丈夫だったかな。
ギターの智くんとパーカッションの直樹に背中を押してもらいながら、新たなパワーを身に纏うこともできたし、何より、それを見届けてくれた会場のみんなから、また大きな勇気もいただきました。ずっとライブを続けていく、という覚悟のようなモノもいただきました。
アルバムとライブ、まったく正反対にしか見えないようなことをやっていきますが、どっちも僕にとっては大事なことです。どちらも同じ、松井常松です。
これからも末永いおつきあい、よろしくお願いいたします。

IMG_7072a

photo by kazutaka kitamura(Player)

2015.10.29
「Moments In Love 」メディア用コメント

前作「Reverie」のコンセプトは「目覚めている時の幻想、夢想。幻想曲。今まで誰も聞いたことのない、無国籍で幻のような音楽。革新的でもあり、普遍的でもあり。自由で危うい、白日夢のような音の集まり」ということでした。
基本的な部分、制作手法や取り組む姿勢のようなものは前作を受け継いでいます。大まかなジャンルとしては アンビエント/テクノ といったところなのでしょうが。ただ、そこはやはり人が作るものなので、その時々の心の有り様がダイレクトに作品に影響します。今作「Moments In Love」は、よりエモーショナルでポジティブな仕上がりになっていると思います。
アルバムタイトルは、1983年にリリースされた「Art Of Noise」の名曲をリスペクトさせていただきました。テクノというコンピューターを使った音楽の世界を切り開いたのは「Kraftwerk」ですが、それをサンプリングという手法で大きく進化させたのは、やはり「Art Of Noise」だったのだと思います。
ただの環境音楽ではなく、聞く人の心を揺さぶりながらも、最終的には安らぎを得られるような、そんな音楽作りを目指していきたいし、続けていけたらいいなと思っています。

ジャケ写

 

2015.10.18
「ご報告」

ニューアルバムのマスタリングが終了しました。
「form THE MASTER」という、とても居心地の良いスタジオで、聞き納めをさせていただいてきました。
ジャケット制作の作業も順調に進んでいます。
完成まで、もうすぐです。

FullSizeRender12

2015.10.14
「ありがとう、北海道」

久しぶりの北海道から帰宅して2日目、心地の良いその余韻を残しつつも、いつもの生活も楽しめるようになってきました。
やっぱり北海道はいいな。
余市、小樽、それから定山渓など、今回もいろいろと美しいところを見せてもらい、美味しいものもたくさんいただいてきました。
もちろん、ライブも最高でした。僕のライブは初めてという人もたくさん来てくれていたようだし、いつものように、この日のために遠くから足を運んでくれた人達もいて、みんなそれぞれのスタイルだけど暖かく受け入れてくれて、本当に嬉しかったです。嬉しいあまりに少し喋り過ぎてしまったところもあり、そこはちょっと反省も。笑
今回の旅も実りの大きい旅でした。新しい発見も多く、またひとつ、心の成長にも繋がった旅となりました。みなさんのお陰様です。
いつも、ありがとう。

2015.10.06
「前掛け」

男前な前掛けを作りました。プリントではなく、職人の手染めです。
札幌、渋谷、大阪の各会場のみ、限定で販売する予定です。
こちらもお楽しみに。

IMG_5696a

2015.10.04
「miracle」

IMG_5689a

2015.10.02
「無題」

ニューアルバムのトラックダウンも終わり、近々、このホームページもリニューアルする予定です。
来週末には札幌、そして月末は渋谷、来月には大阪でのライブも控えています。
気力も体力もフル充電して臨んでいきたいと思います。
アルバムとライブは全くの別物だけど、どちらも気に入ってもらえると嬉しいです。
そうなるよう、がんばります。
楽しみにしていてください。

2015.08.01
「無題」

宇宙の歴史から比べれば、人の一生は、ほんの一瞬。
なんて言葉を聞いたことがあるけれども、そうは言っても、でも、やっぱり長い。
楽しい時があれが、苦しい時だってある。
でも、苦しい時こそ、夢を持って生きたいよね。
そう思って、毎日を過ごしていけるといいよね。
どうせ、同じ生きていくなら。
ねっ。

2015.07.01
「無題」

IMG_5783a

2015.06.01
「無題」

太陽が沈むのと同じ速度で、月が昇ってきます。

ゆっくりと、もしくは足早に家路に向かう人々。

自転車だったりクルマだったり、徒歩だったり。

何て美しい夕暮れ時なんでしょう。

みんなの目には、どう映っているのかな。

2015.05.02
「至仏山」

久し振りの山歩きは、これ以上はないというくらいの完璧な快晴に恵まれました。

残雪の登りは決して楽なわけではないけれど、下りは天然の長く大きな滑り台。雪の斜面をお尻で滑り降りれば、あっという間に尾瀬ケ原が見えて来ます。

早朝の樹林帯を抜ける時の唐松の香りの清々しさ。白い平原に浮かび上がる白樺のシルエット。数え上げれば切りがないくらい、山は神秘の魅力に溢れています。いつも新しい発見で僕を驚かせてくれます。

白くて柔らかい大地と、青く澄み渡った空に包まれた、幸せな一日でした。

IMG_5554_2

 

2015.04.19
「7th FLOOR」

昨日も最高でした。

楽しかったな。

たくさんの笑顔に包まれて、たくさんの優しさに包まれて、僕は本当に幸せ者だなと、また、あらためて思う一日でした。

楽しい時は一瞬で過ぎ去ってしまうものだけど、また会える時を心待ちにして、それぞれの毎日を、なるべくなら明るく、生き抜いていきましょう。

 

いつもありがとう。

2015.01.23
「Chartreuse」

フランス語でシャルトリューズと読むそうです。

薬草系のリキュールです。

口当たりは甘いけど、アルコール度数は強めです。

グランド・シャルトルーズ修道院というところで修道士が作っていたらしいです。

ちなみに、ルアーフィッシングの世界では、このお酒のような色(蛍光黄緑)をチャートリュース・カラー(英語読みかな)と言って、透明度の低い湖や海では定番のカラーとなっています。

FullSizeRender1

2015.01.22
「ナチュラルダメージ」

20年くらい使ってます。

日本製です。

いい味、出てきました。

IMG_4366a

2015.01.16
「snow」

IMG_4771-a5

2015.01.11
「Reverie のヒント」

あらかじめ設定された曲順に大意はありません。

少し飽きたかな、なんて思いが過ったら、お手持ちのプレイヤーのシャッフル機能をONにして聞いてみてください。

いつまでも、新鮮なまま、お楽しみいただけることでしょう。

是非、試してみて。

 

今年もよろしく。

IMG_4262z

1 / 11
2015.12.31
「ありがとう」

今年もお世話になりました。
みなさんのお陰様で、また良い一年を過ごすことができました。
ライブも楽しませてもらい、アルバムもリリースすることができ、充実した一年でした。
自由気ままな僕を、いつも支えて応援してくれてありがとう。
僕は本当に幸せ者です。

 

来年もよろしく。
良いお年を。

2015.12.23
「ようやく」

みなさんのお手元にも届いたであろうニューアルバム。

「Moments In Love」

今夜は久し振りにスパークリングワインでも開けて、ゆったりと聴いてみたいと思います。

初めて聴いてくれるみなさんの気持ちを想像しながら。

楽しみです。

ほんの少し早いけど、みなさんにとって良いクリスマスになることを願って。

メリー・クリスマス!

いつも、ありがとう。

IMG_5687

2015.12.19
「Chet Atkins CE」

記念にいただいたモノだけど、すごくいいです。

色もソリッドな黒でかっこいいし。

少しづつ、馴染んでいくのが楽しみです。

長いつきあいになりそう。

IMG_5967

2015.12.17
「もうすぐ」

ニューアルバムのサンプル盤が届きました。

もうすぐ、みんなに聞いてもらえる。

楽しみです。

IMG_5989b

2015.11.21
「スゴイです!」

代官山のTSUTAYAに行ったら、この子がいました。
物凄くお利口なのでビックリしたけど、お利口過ぎて会話が終わらない。笑
予想を遥かに超えた、お喋りさんでした。
動きも凄く可愛いい。
欲しいというより、ファンになってしまったかも。

image1a

2015.11.09
「ありがとう」

大阪ライブ、終わってしまった。
またしばらくの間、みんなに会えないと思うと寂しいです。
そう思ってしまうくらいに、楽しい時間だったから。
たくさんの笑顔をありがとう。
みんなの笑顔が僕のエネルギーの源です。
僕の心を育む栄養です。
また会いに来てください。
来れる時、来れる場所に。
僕はずっと続けていきます。

2015.11.01
「ありがとう」

昨日のライブ、最高でした。
ハロウィンでお足下の悪い中(笑)渋谷に集まってくれた皆さん、遠くから会いに来てくれた皆さん、帰りは大丈夫だったかな。
ギターの智くんとパーカッションの直樹に背中を押してもらいながら、新たなパワーを身に纏うこともできたし、何より、それを見届けてくれた会場のみんなから、また大きな勇気もいただきました。ずっとライブを続けていく、という覚悟のようなモノもいただきました。
アルバムとライブ、まったく正反対にしか見えないようなことをやっていきますが、どっちも僕にとっては大事なことです。どちらも同じ、松井常松です。
これからも末永いおつきあい、よろしくお願いいたします。

IMG_7072a

photo by kazutaka kitamura(Player)

2015.10.29
「Moments In Love 」メディア用コメント

前作「Reverie」のコンセプトは「目覚めている時の幻想、夢想。幻想曲。今まで誰も聞いたことのない、無国籍で幻のような音楽。革新的でもあり、普遍的でもあり。自由で危うい、白日夢のような音の集まり」ということでした。
基本的な部分、制作手法や取り組む姿勢のようなものは前作を受け継いでいます。大まかなジャンルとしては アンビエント/テクノ といったところなのでしょうが。ただ、そこはやはり人が作るものなので、その時々の心の有り様がダイレクトに作品に影響します。今作「Moments In Love」は、よりエモーショナルでポジティブな仕上がりになっていると思います。
アルバムタイトルは、1983年にリリースされた「Art Of Noise」の名曲をリスペクトさせていただきました。テクノというコンピューターを使った音楽の世界を切り開いたのは「Kraftwerk」ですが、それをサンプリングという手法で大きく進化させたのは、やはり「Art Of Noise」だったのだと思います。
ただの環境音楽ではなく、聞く人の心を揺さぶりながらも、最終的には安らぎを得られるような、そんな音楽作りを目指していきたいし、続けていけたらいいなと思っています。

ジャケ写

 

2015.10.18
「ご報告」

ニューアルバムのマスタリングが終了しました。
「form THE MASTER」という、とても居心地の良いスタジオで、聞き納めをさせていただいてきました。
ジャケット制作の作業も順調に進んでいます。
完成まで、もうすぐです。

FullSizeRender12

2015.10.14
「ありがとう、北海道」

久しぶりの北海道から帰宅して2日目、心地の良いその余韻を残しつつも、いつもの生活も楽しめるようになってきました。
やっぱり北海道はいいな。
余市、小樽、それから定山渓など、今回もいろいろと美しいところを見せてもらい、美味しいものもたくさんいただいてきました。
もちろん、ライブも最高でした。僕のライブは初めてという人もたくさん来てくれていたようだし、いつものように、この日のために遠くから足を運んでくれた人達もいて、みんなそれぞれのスタイルだけど暖かく受け入れてくれて、本当に嬉しかったです。嬉しいあまりに少し喋り過ぎてしまったところもあり、そこはちょっと反省も。笑
今回の旅も実りの大きい旅でした。新しい発見も多く、またひとつ、心の成長にも繋がった旅となりました。みなさんのお陰様です。
いつも、ありがとう。

2015.10.06
「前掛け」

男前な前掛けを作りました。プリントではなく、職人の手染めです。
札幌、渋谷、大阪の各会場のみ、限定で販売する予定です。
こちらもお楽しみに。

IMG_5696a

2015.10.04
「miracle」

IMG_5689a

2015.10.02
「無題」

ニューアルバムのトラックダウンも終わり、近々、このホームページもリニューアルする予定です。
来週末には札幌、そして月末は渋谷、来月には大阪でのライブも控えています。
気力も体力もフル充電して臨んでいきたいと思います。
アルバムとライブは全くの別物だけど、どちらも気に入ってもらえると嬉しいです。
そうなるよう、がんばります。
楽しみにしていてください。

2015.08.01
「無題」

宇宙の歴史から比べれば、人の一生は、ほんの一瞬。
なんて言葉を聞いたことがあるけれども、そうは言っても、でも、やっぱり長い。
楽しい時があれが、苦しい時だってある。
でも、苦しい時こそ、夢を持って生きたいよね。
そう思って、毎日を過ごしていけるといいよね。
どうせ、同じ生きていくなら。
ねっ。

2015.07.01
「無題」

IMG_5783a

2015.06.01
「無題」

太陽が沈むのと同じ速度で、月が昇ってきます。

ゆっくりと、もしくは足早に家路に向かう人々。

自転車だったりクルマだったり、徒歩だったり。

何て美しい夕暮れ時なんでしょう。

みんなの目には、どう映っているのかな。

2015.05.02
「至仏山」

久し振りの山歩きは、これ以上はないというくらいの完璧な快晴に恵まれました。

残雪の登りは決して楽なわけではないけれど、下りは天然の長く大きな滑り台。雪の斜面をお尻で滑り降りれば、あっという間に尾瀬ケ原が見えて来ます。

早朝の樹林帯を抜ける時の唐松の香りの清々しさ。白い平原に浮かび上がる白樺のシルエット。数え上げれば切りがないくらい、山は神秘の魅力に溢れています。いつも新しい発見で僕を驚かせてくれます。

白くて柔らかい大地と、青く澄み渡った空に包まれた、幸せな一日でした。

IMG_5554_2

 

2015.04.19
「7th FLOOR」

昨日も最高でした。

楽しかったな。

たくさんの笑顔に包まれて、たくさんの優しさに包まれて、僕は本当に幸せ者だなと、また、あらためて思う一日でした。

楽しい時は一瞬で過ぎ去ってしまうものだけど、また会える時を心待ちにして、それぞれの毎日を、なるべくなら明るく、生き抜いていきましょう。

 

いつもありがとう。

2015.01.23
「Chartreuse」

フランス語でシャルトリューズと読むそうです。

薬草系のリキュールです。

口当たりは甘いけど、アルコール度数は強めです。

グランド・シャルトルーズ修道院というところで修道士が作っていたらしいです。

ちなみに、ルアーフィッシングの世界では、このお酒のような色(蛍光黄緑)をチャートリュース・カラー(英語読みかな)と言って、透明度の低い湖や海では定番のカラーとなっています。

FullSizeRender1

2015.01.22
「ナチュラルダメージ」

20年くらい使ってます。

日本製です。

いい味、出てきました。

IMG_4366a

2015.01.16
「snow」

IMG_4771-a5

2015.01.11
「Reverie のヒント」

あらかじめ設定された曲順に大意はありません。

少し飽きたかな、なんて思いが過ったら、お手持ちのプレイヤーのシャッフル機能をONにして聞いてみてください。

いつまでも、新鮮なまま、お楽しみいただけることでしょう。

是非、試してみて。

 

今年もよろしく。

IMG_4262z

1 / 11