松井常松 Official WebSite.

松井常松
2012.12.31
「こんばんは。」

もうすぐ今年も終わりますね。
2012年という年、皆さんにとってはどんな一年だったでしょうか。
悲しいことがあったかもしれない。
辛いことも、もしかしたら、たくさんあったかもしれない。
でも、少しだけ嬉しいことや、楽しいこともあったんじゃないかな。
僕にもあったよ、楽しいこと。
楽しいことが一つでもあったら、それは良い年だったと思うことにしようよ。
そうしたら来年は、きっともっと良い年になるよ。
今年もありがとう。
みんなのお陰で良い一年を過ごすことができました。
来年もまた、一緒に楽しもうね。

2012.12.26
「おつかれさまでした」

三重でのライブ、最高でした。
「アールベルアンジェMie」という会場も、
クリスマスライブには最適な豪華な作りだったし、スタッフのサポートも素晴らしかった。
音響も十分なシステムを構築できて気持ち良く歌うことができたし。 本当に最高のライブをさせてもらうことができ、幸せなひとときを過ごさせてもらいました。
一瞬の奇跡とも言うべき、神様からのプレゼントもあったしね。
何より、この日のために集まってくれた、みんなの笑顔が嬉しかった。
最高のクリスマスプレゼントをいただきました。
ありがとう。

 

アンコール前に、急いで衣装を着替え、記念に撮影した稲葉智くんとのツーショットです。ZZ TOPじゃないよ。

 

121224_1625

 

2012.12.22
「こんばんは。」

「SOLID SOUNDS」クリスマス・スペシャル、録音してきました。 スタジオにギターを持ち込んで、抱えたまま話し、少し話してはまた歌い。
いつものライブと同じような感じでやらせていただきました。
三重のライブに来れない人への、僕からのクリスマス・プレゼントでもあります。
楽しんでもらえたら嬉しいです。
そして、いよいよ明後日は三重でのライブ。
久し振りに、ギタリストの稲葉智君も一緒です。
楽しみです。
おやすみなさい。

2012.11.26
「こんにちは。」

先日、三重でのライブ会場の下見も兼ねて、初めてのお伊勢参りに行ってきました。
天候にも恵まれ、気持ちよく聖地のお散歩を楽しみ、参道の商店街では伊勢海老などもいただきました。
で、下の写真です。
商店街の干物屋さんで見つけてしまいました。
サメの干物だそうです。
でも、エイリアンにしか見えない。
見たことないけど。
かなり悪そうな顔だよね。

 

121116_1108

2012.11.10
「こんにちは。」

今夜もラジオの収録です。
番組中にかけさせてもらっている曲はもちろん僕のセレクトなんだけど、これを決めるのが実は一番の悩みどころなんです。
だって大好きな曲なんてたくさんあるし、3曲だけだからテーマを決めてという感じでもないからね。いつもすごく時間がかかってしまいます。
ちなみに、番組のホームページに「SONG LIST」を作ってもらいました。
初回の放送から今までの分がすべて掲載されています。
もしもフィーリングの合う曲があったら、 iTunes とかで手に入れてじっくり聞いてもらうのも楽しいかも。
まあ、YouTube という手もなくはないけどね。

それでは、明日の夜をお楽しみに。

2012.11.01
「こんばんは。」

今夜はラジオの収録です。
メール、今からでも間に合うかも。
アドレスは「762@takasaki.fm」
松井常松のSOLID SOUNDS係まで。

楽しんできます。

 

121025_2038

2012.10.29
「ありがとう。」

昨日の雨は少し冷たかったけど、
でも、参加してくれたみんなの気持ちが一つになって、
心の中はとても豊かで、暖かい一日になりました。
きっとみんなも同じことを感じてくれたと思う。
奥野君からもらった元気、まわりの誰かにも分けてあげたいね。
忘れられない一日になりました。
ありがとう。

2012.10.27
「高崎音楽祭」

明日は、どうやら雨降りの一日になりそうです。
あったかい服装で来てください。
簡易型のカイロとか、ダウンジャケットとか、重装備で来てください。
奥野敦士君の映像をスクリーンで観るためには、どうしても、日が暮れてからでないと奇麗に映らないので。
遅い時間で申し訳ない。
映像は本当に素晴らしいモノに仕上がりました。
彼自身が編集も手掛けてくれました。
今の彼が歌う「終わりのない歌」
ぜひ、観に来てください。
元気をもらえます。
スタッフも他の出演バンドも、みんな手弁当で頑張ります。
寒い一日にはなりそうですが、忘れられない一日にしたいと思っています。

2012.10.22
「こんばんは。」

大阪から帰ってきました。
今回は不覚にも体調が万全というわけでもなかったけれど、
でも、そんなことはすっかり忘れられるような最高のライブになりました。
あまりに楽しく、おしゃべりが過ぎてしまい、予定していた曲が演奏しきれないというハプニングもあり。
あの曲が聞きたかったのに、という人には申し訳ないことをしてしまったかも。
でもね、普通では考えられない、すごい一体感を何度も感じることができたと思うから。
みんなで一緒に作り上げるあったかい空間。
気持ち良かった。

早くまた、みんなに会いたいです。
いつもありがとう。

2012.10.20
「こんばんは。」

明日は大阪Knaveでのライブです。
今回、セットリストの変化はそうないかもしれない。
でも、ライブは生き物だから、何が起こるかわからない。
蓋を開けてみないとわかりません。
だから楽しいんです。
でも最終的な到達点というか、目標はいつも同じ。
みんなとの一体感、日常を忘れられるような不思議な「一瞬」。
言葉は良くないかもしれないけど、
僕はもうすっかり、その「一瞬」の中毒、もしくは依存症です。
みんなの緊張が笑顔に変わる瞬間、
その瞬間が大好きです。
明日もよろしくね。
楽しんでください。

 

メールもありがとう。

2012.10.14
「おはよう。」

一夜明け、昨日のことがもはや夢のようです。
楽しかったな。
すごく良いライブをみんなと作れたと思う。
最高の時間をみんなと過ごせたと思う。
いつもあったかい心で包んでくれてありがとう。
優しい気持ちで見守ってくれてありがとう。
僕は本当に幸せ者です。

 
ライブの感想のメールも嬉しかったです。
いつもありがとう。

2012.10.12
「楽しみです。」

明日は渋谷でライブです。
歌いたい曲は決まっているけれども、曲順はこれからです。
でも大丈夫。きっと楽しいライブになります。いつものように。
メールもありがとう。
ちなみに、今日はラジオの録音でした。
でも、みんなに聞いてもらえるのは明後日の夜です。
ライブの翌日ということになります。
ちょっと時差があるけれども、それはそれとして、楽しんでもらえたら嬉しいです。
できる時には生放送もやりたいと思っています。
ライブに来れない人にも、雰囲気が伝わるような番組になればいいな。
ライブもラジオも、楽しみにしていてください。
しつこいようだけど、ネットで聞けます。

 

番組名「SOLID SOUNDS」
放送日、日曜日/22:00~22:29
再放送、月曜日/19:30~19:59
ラジオ高崎
http://www.takasaki.fm/
インターネットサイマルラジオ JCBA
http://www.jcbasimul.com/

2012.10.07
「SOLID SOUNDS」

ラジオ高崎で番組を担当させていただくことになりました。
放送スケジュールの詳細は、もう少しお待ちいただくことになりますが、
第一回分の録音は今週の木曜日、11日と決定いたしました。
基本は音楽番組なのでリクエストなどもお受けいたしますが、
質問や番組への要望など、皆さんの声を反映し、楽しい番組作りができればと思っています。
もちろん、インターネットで聞くこともできます。
まずは、このホームページの「CONTACT」より、皆さんの声をお聞かせください。
お待ちしています。

2012.09.29
「無題」

山上湖の夜明けです。
夕暮れの空や、月夜も美しいけれど、
じつはこの時間のこの場所が大好きです。
鏡のように静まり返った湖面に、
時おり小魚が跳ねて波紋が広がる。
眠っていた生命が息を吹き返す直前。
心躍る瞬間です。

 

TS3I0071

2012.09.28
「無題」

西の空に夕暮れ、東の空には月が昇る。
大気は不安定なゆえに様々に表情を変える雲。
この時期の夕暮れ時は本当に綺麗だね。
今夜もきっと最高の月夜になるんだろうね。

2012.09.22
「無題」

富山に行った友達から鱒寿司をお土産にいただきました。
何となく、鮒寿司を連想して苦手なムードがあったけど、
こちらは発酵モノではなく限りなく寿司な感じ。
白ワインでいただきました。
美味しかった。

 

120922_2006

2012.09.08
「ありがとう。」

「誕生日のお祝いメール」届いています。
みんなの心も届いています。
僕は、とても穏やかな気持ちでこの日を迎えています。
あらためて、自分は幸せ者だなって、実感しています。

いつもありがとう。

2012.09.05
「無題」

皆さんはコレ知ってましたか?
バブルジェリーというモノらしい。
ビーズのような小さい粒を一晩水につけておくと、こうなるようです。
これで植物も育つらしい。
子供の頃に遊んでいたビー玉みたいで奇麗だし、触った感じも悪くない。
雑貨屋さんに売ってるらしいです。

 

まだまだ暑い日は続きそうだけど、微妙に季節の変わり目です。
お身体には気をつけて。

 

TS3I0100

2012.08.29
「無題」

今夜は、ひたすら、丸に近くなってきた月を眺め、
ポテトサラダとバゲットで白ワインをいただいたり、
YouTubeでサカナクションを見ていたりしています。
穏やかな夜です。
まったりです。

2012.08.29
「無題」

「Matt Bianco」を聞きながら、
いよいよワインが止まらなくなってきました。

 

TS3I0081

2012.08.29
「無題」

「Lullaby」というコンピレーション・アルバムを聞いています。
気持ちいいです。

おやすみなさい。

 

TS3I0085

2012.08.23
「無題」

以前にもこのページで紹介したアーティストのブログが本になりました。
さりげなく、リビングのテーブルの上に、もしくはトイレに置いておくのも良いかもしれない。
寝る前に、適当に開いたページの一行だけ読むのもいいかもしれない。
お疲れの時に効きます。

「いろいろあるさ 生きてっからね」奥野敦士(実業之日本社)

2012.08.15
「無題」

昨日の夕方の空です。
一瞬にしてカタチを変えてしまうので、
時を忘れ、つい見とれてしまっていました。

もちろん夜空もよく見上げているんだけど、
見たままを撮影するのはとても無理なことなので、
諦めて、眺めるだけにしています。

 

TS3I0069

2012.08.01
「あらためまして、ありがとう。」

札幌、広島、高崎と、
普段、なかなか行けないところでのライブ、
各地の美しい風景や町並み、人々との触れ合い、
最高にエキサイティングな一ヶ月が無事に終わり、
ほっと一息をつくと同時に、
少しだけ寂しさも感じてしまっている今日この頃です。

この夏の3本のライブ、
じつはどの会場もすべて、
僕一人では、到底、実現できなかったライブなのです。
それぞれの会場で、並々ならぬ情熱と忍耐で頑張ってくれた人達、
その仲間達のお陰でようやく成功まで辿り着くことができたライブなのです。
この場を借りて、感謝の気持ちを伝えたいと思います。
札幌の「チーム長岡」の皆さん、
広島の「チーム木下」の皆さん、
高崎の「No Subject」の皆さん、
すべて皆さん、普段は別のお仕事を持った一般の方達です。
皆さん、おつかれさまでした。
そして、本当にありがとう。
また、いつでも声を掛けてください。

それから、何よりも各会場に集まってくれて、
楽しい空間を作り上げてくれた皆さん、
会場全体がひとつになった瞬間をたくさん感じることができました。
プレゼントやお手紙、それからメールもたくさんありがとう。
早くまた、みんなに会いたいです。

ありがとう。

2012.07.30
「ありがとう!」

昨日も楽しかったな。
みんなと過ごせた時間、最高でした。
お陰でその後のビールも美味しかった。
普段はあんまり飲まないんだけど昨日は特別でした。
久し振りに二日酔い気味です。
みんなが書いてくれた質問用紙、
お手紙やメールと同じように僕の大事な宝物となっています。
早くまたみんなに会いたいです。

いつもありがとう。

2012.07.28
「~四季の社~」

明日、あの空間で皆さんをお迎えできることが楽しみです。
本来は神聖な場所ですから、
身が引き締まる思いもありますが、
でも、最後はみんなの笑顔が見たい。
いつもと変わらぬ、穏やかで和やかな時間を共有したい。

チケットが手に入らなかった人、ごめんなさい。
みんなの心に届くよう、一生懸命に歌います。

2012.07.25
「ありがとう!広島」

広島、最高でした。
平日であるにもかかわらず、
たくさんの人が集まってくれて楽しい夜になりました。
会場の「Live Juke」という箱も素晴らしかった。
19階のガラス張りの壁から観る夕暮れの瀬戸内海、
そして、ライブ中にも振り返れば目映いばかりの広島の夜景。
空間も音の響きもすべてが素晴らしかった。
集まってくれた人達も、
初めて僕のライブに参加してくれた人がたくさんいたと思うけど、
あたたかく歓迎してくれて、嬉しかったな。
本当にリラックスした空間の中で、
良いライブをやらせていただきました。
皆さん、ありがとう。

 

追伸:
ライブ中に約束した「牡蠣について」の報告です。
結果を先に話すと「食べなかった」です。
ライブが終わってから地元の人やスタッフに話すと、
皆、一様に、今はシーズンではないと、
本当に美味しい季節に食べてくださいと言われ、
素直にそれを受け入れて、従うことにしました。
だけど、約束は守りたいので、
また牡蠣のベストシーズンに広島に行きたいと思います。
その時はまた、みんなで楽しい夜を過ごしましょう。

2012.07.22
「楽しみです。」

明日は久し振りの広島です。
アコースティックなスタイルではもちろん初めてだし、
ソロとしてのライブも17年振り。
その時に来てくれていた人達、会えるといいな。
楽しみです。
ゆったりとした時間を過ごしましょう。

2012.07.09
「ありがとう!」

久し振りの北海道、最高でした。
街を歩くと、まるで5月のような爽やかな風が気持ちよく、
少し日陰に入っていると薄手の上着が必要なくらい涼しくて、
空の色や雲のカタチ、それから独特な住居の作りや樹木の種類とか、
すべてのモノがどこか異国、欧州な感じ。
もちろん初めてではないけれども、
今回の旅では、特にそういう印象が強かったです。

もちろん、ライブも気持ちよかったです。
僕のライブに初めて参加してくれた人が多かったようだけど、
でも、みんな、ゆったりとした僕の世界を静かに受け止めてくれて、
暖かい心で楽しんでくれているのを感じられました。
ライブ終了後のサイン会でも、短い時間ではあるけれども、
一人一人と言葉を交わすことができて、触れ合うことができました。
みなさん、ありがとう。
来年の7月7日も、また会えるといいな。

関東、関西から来てくれた人達も、
いつも、ありがとう。

2012.07.06
「出発します。」

明日はいよいよ、札幌でのライブです。
このライブは一人の北海道のファンの方と、ゆっくりと時間を掛けて暖めてきた企画です。
東京から遠く離れた北海道のファンの人達にも、今の松井常松のライブを体験してもらいたい。
彼のそういう強い熱意があって、初めて実現した企画です。
東京や大阪でのいつものライブと同じように、
北海道の人達にも、日常を忘れられるような、ゆったりとした時間を共有してもらいたい。
そのためのセッティングはすべて整えてもらえたので、
後は、その場の空気をみんなで楽しめばいいだけです。
みんなの心に残るような、
七夕の夜にしたいと思っています。
楽しみにしていてくださいね。

2012.05.19
「月の光」

「月の光」

月の光に照らされて
誓った恋は 永遠に
離れられない運命だって
二つとはない出会いだって

逢えない夜は窓を開け
月の光を探してた
迷子になった子供のように
あなたの名前 呼んでいた

時が二人を試してる
月が霞んで滲むけど
あなたが弾いて奏でるならば
私は歌う いつまでも

(作詞曲:松井常松)

2012.04.23
「無題」

桜の花が散って葉桜となり、
代わりに色とりどりの草花が咲き誇り、
いよいよ、最高に気持ちの良い季節がやってきたね。

人は大人になり、年齢を重ねれば重ねるほど、
様々な問題を、それぞれの人が抱えて生きていくことになります。
でもそれは、自身で選んで生まれてきた、
その人だけのオリジナルな、人生のテーマなんだと思う。
だから、いくら辛くても、
時には耐え忍び、それを受け入れ、
乗り越えていかなくてはいけないんだろうね。
その先にしか、明るい未来はないし、
新しい自分と出会うこともないんだろうね。
みんなからのメールを読んでいると、
そんなふうに、考えるようになってきました。
みんな頑張っているんだなって。

たまには、誰かを誘って外に出てみよう。
意外と、世界は光に満ちあふれている、かも。

東京のライブもやっぱり最高でした。ありがとう。

2012.04.23
「MIRAI」

「MIRAI」

 
眠れない Saturday Night
思い出は走馬灯
戻れない 返らない
あの無邪気な日々

猛烈でも 痛烈でも 人生は一瞬の夢
氷河期とか 中世とか 時代さえ儚い夢さ

今を見つめて
ただ希望だけ抱いて行こう
明日を生きよう
流した涙
ただ思い出に変えて行こう
もう 振り返らず

情けない 堪らない
ため息は止まらない
起きれない 歩けない
そんな時もあるさ

豪傑でも 怪傑でも 人知れず悩んでるさ
後悔とか 運命とか 誰かが作った言葉さ

あの夏の日も
あの凍えた 一人の夜も
すべては昨日さ
晴れ渡る空
その彼方に 広がる未来
だけを 見つめて

(作詞:松井常松 作曲:DACHICO)

2012.04.23
「HIKARI」

「HIKARI」

バビロンの住人は盲目に
手当たり次第食べる
自由と正義を旗に掲げ
勇ましく突き進んだ

僕は君のために 何もできない
ただ見守ってゆくだけ

HIKARI on your way, HIKARI in my mind
僕らはずっと進んでく
HIKARI on your way, HIKARI in my mind
世界はいつも動いてく

バビロンの終焉は唐突で
すべてを食べ尽くして
それでも地球は まわり続ける
永遠にまわり続ける

僕は君のために 何もできない
ただ寄り添ってゆくだけ

HIKARI on your way, HIKARI in my mind
世界はいつも変わってく
HIKARI on your way, HIKARI in my mind
僕らはずっと繋がってく

(作詞:松井常松 作曲:DACHICO)

2012.04.19
「無題」

明後日は東京でのライブです。
自分自身が新鮮な気持ちで臨めるように、
セットリストも少し調整してみようと思います。
大阪と同じように、
最高のライブとなることを信じて。

 
楽しみにしていてくださいね。

2012.04.18
「無題」

大阪、最高でした。
今までのすべてのライブの中で、
最高の一夜でした。
メールもたくさんいただきました。
初めて来てくれた人も、
いつも来てくれてる人達も、
みんなが本当にひとつになって楽しんでくれてたこと、
とても嬉しく感じています。
僕がやってきたことは間違ってなかったんだなって、
あらためて、みんなに教えてもらった一夜でした。

ありがとう。

2012.04.18
「追記」

もう少し具体的に言うとね。
いつも来てくれてる人達が、
初めて来てくれた人達のことを、
あたたかく見守ってくれていたというか、
やさしく包み込んでくれていたというか。
そういう感じが、
なんだか、すごく心地よかったんだ。
それが「最高」ということなんだ。

2012.04.13
「無題」

明日のライブ、楽しみにしていてください。
最高の夜にしよう。
おやすみなさい。

2012.04.07
「無題」

ここ数日、毎晩キレイな月が見れるね。
昨日の夕方は、まだ青い東の空に、
白い大きな月を見つけてちょっとびっくりだったけど。
これからしばらくの間は、
「桜の花の隙間から覗く朧月」というのを見れるチャンスもあるしね。
楽しみな季節がやってきたね。

楽しみといえば、
来週末はようやく大阪に行けます。
久し振りの「大阪KNAVE」でのライブ、
もうすぐだね。
また数曲、新しい曲も用意してあるし、
まだこの場での発表はできないけれども、
「限定モノ」も持っていく予定です。
コラムの更新はあんまりできてないけど、
でも、準備は着々と進んでるんです。
だから安心して、
楽しみにしててください。

2012.03.06
「無題」

今日は、まるで初夏みたいに暖かく、
清々しい一日だったね。
短パンに履き替えて、
久し振りに洗車して、
大きな公園に行き、
林の中を走ったり、
池のほとりを歩いたり、
また、気まぐれに走ってみたりと、
陽が暮れるまで、時間も忘れて遊ばせてもらっていました。
見上げた空には、ちょっと早めな朧月が。
途中でガブ飲みした、蛇口からほとばしる水、
子供の時みたいにうまかったな。
今日、お仕事をしていたり、
外に出れなかった人には申し訳ないけど、
本当に、最高の一日でした。
これからの自分に必要なもの、そうでないもの、
新しい夢のヒントみたいなもの、
そして、そこに向かっていくための、
パワーの源、原石みたいなもの、
そういうものが、少しだけ垣間みれたような、
そんな、ラッキーな一日でした。

2012.02.04
「無題」

昨年の10月から始めたベーススクール、
始めてしまえば早いもので、
ほとんどの生徒さんは今月中に卒業となります。
1時間のレッスンが隔週2回で全10回。
マンツーマンでの授業なので、
生徒さん、それぞれの個性に合わせて、
目標や進め方も変えていけます。
手の大きい人もいれば小さい人もいる。
勘が良くて、すぐにその場で出来てしまう人もいれば、
レッスンではじっくり僕のプレイを観察してメモを取り、
家でしっかり練習して完璧にしてくる人もいる。
本当に十人十色です。
でも共通しているのは、みんな一生懸命だということ。
人が一途に何かに打ち込んでいる姿は美しく、
何より可愛らしく魅力的です。
そういう時間を一緒に楽しめるのも残りわずか。
悔いの残らないように、
僕も一生懸命に、見つめていきたいと思います。

2012.02.04
「追記」

スクールが一段落したら、
ライブモードに入ります。
約束どおり、今回は大阪にも行きます。
詳細は後日、発表します。
楽しみにしていてくださいね。

1 / 11
2012.12.31
「こんばんは。」

もうすぐ今年も終わりますね。
2012年という年、皆さんにとってはどんな一年だったでしょうか。
悲しいことがあったかもしれない。
辛いことも、もしかしたら、たくさんあったかもしれない。
でも、少しだけ嬉しいことや、楽しいこともあったんじゃないかな。
僕にもあったよ、楽しいこと。
楽しいことが一つでもあったら、それは良い年だったと思うことにしようよ。
そうしたら来年は、きっともっと良い年になるよ。
今年もありがとう。
みんなのお陰で良い一年を過ごすことができました。
来年もまた、一緒に楽しもうね。

2012.12.26
「おつかれさまでした」

三重でのライブ、最高でした。
「アールベルアンジェMie」という会場も、
クリスマスライブには最適な豪華な作りだったし、スタッフのサポートも素晴らしかった。
音響も十分なシステムを構築できて気持ち良く歌うことができたし。 本当に最高のライブをさせてもらうことができ、幸せなひとときを過ごさせてもらいました。
一瞬の奇跡とも言うべき、神様からのプレゼントもあったしね。
何より、この日のために集まってくれた、みんなの笑顔が嬉しかった。
最高のクリスマスプレゼントをいただきました。
ありがとう。

 

アンコール前に、急いで衣装を着替え、記念に撮影した稲葉智くんとのツーショットです。ZZ TOPじゃないよ。

 

121224_1625

 

2012.12.22
「こんばんは。」

「SOLID SOUNDS」クリスマス・スペシャル、録音してきました。 スタジオにギターを持ち込んで、抱えたまま話し、少し話してはまた歌い。
いつものライブと同じような感じでやらせていただきました。
三重のライブに来れない人への、僕からのクリスマス・プレゼントでもあります。
楽しんでもらえたら嬉しいです。
そして、いよいよ明後日は三重でのライブ。
久し振りに、ギタリストの稲葉智君も一緒です。
楽しみです。
おやすみなさい。

2012.11.26
「こんにちは。」

先日、三重でのライブ会場の下見も兼ねて、初めてのお伊勢参りに行ってきました。
天候にも恵まれ、気持ちよく聖地のお散歩を楽しみ、参道の商店街では伊勢海老などもいただきました。
で、下の写真です。
商店街の干物屋さんで見つけてしまいました。
サメの干物だそうです。
でも、エイリアンにしか見えない。
見たことないけど。
かなり悪そうな顔だよね。

 

121116_1108

2012.11.10
「こんにちは。」

今夜もラジオの収録です。
番組中にかけさせてもらっている曲はもちろん僕のセレクトなんだけど、これを決めるのが実は一番の悩みどころなんです。
だって大好きな曲なんてたくさんあるし、3曲だけだからテーマを決めてという感じでもないからね。いつもすごく時間がかかってしまいます。
ちなみに、番組のホームページに「SONG LIST」を作ってもらいました。
初回の放送から今までの分がすべて掲載されています。
もしもフィーリングの合う曲があったら、 iTunes とかで手に入れてじっくり聞いてもらうのも楽しいかも。
まあ、YouTube という手もなくはないけどね。

それでは、明日の夜をお楽しみに。

2012.11.01
「こんばんは。」

今夜はラジオの収録です。
メール、今からでも間に合うかも。
アドレスは「762@takasaki.fm」
松井常松のSOLID SOUNDS係まで。

楽しんできます。

 

121025_2038

2012.10.29
「ありがとう。」

昨日の雨は少し冷たかったけど、
でも、参加してくれたみんなの気持ちが一つになって、
心の中はとても豊かで、暖かい一日になりました。
きっとみんなも同じことを感じてくれたと思う。
奥野君からもらった元気、まわりの誰かにも分けてあげたいね。
忘れられない一日になりました。
ありがとう。

2012.10.27
「高崎音楽祭」

明日は、どうやら雨降りの一日になりそうです。
あったかい服装で来てください。
簡易型のカイロとか、ダウンジャケットとか、重装備で来てください。
奥野敦士君の映像をスクリーンで観るためには、どうしても、日が暮れてからでないと奇麗に映らないので。
遅い時間で申し訳ない。
映像は本当に素晴らしいモノに仕上がりました。
彼自身が編集も手掛けてくれました。
今の彼が歌う「終わりのない歌」
ぜひ、観に来てください。
元気をもらえます。
スタッフも他の出演バンドも、みんな手弁当で頑張ります。
寒い一日にはなりそうですが、忘れられない一日にしたいと思っています。

2012.10.22
「こんばんは。」

大阪から帰ってきました。
今回は不覚にも体調が万全というわけでもなかったけれど、
でも、そんなことはすっかり忘れられるような最高のライブになりました。
あまりに楽しく、おしゃべりが過ぎてしまい、予定していた曲が演奏しきれないというハプニングもあり。
あの曲が聞きたかったのに、という人には申し訳ないことをしてしまったかも。
でもね、普通では考えられない、すごい一体感を何度も感じることができたと思うから。
みんなで一緒に作り上げるあったかい空間。
気持ち良かった。

早くまた、みんなに会いたいです。
いつもありがとう。

2012.10.20
「こんばんは。」

明日は大阪Knaveでのライブです。
今回、セットリストの変化はそうないかもしれない。
でも、ライブは生き物だから、何が起こるかわからない。
蓋を開けてみないとわかりません。
だから楽しいんです。
でも最終的な到達点というか、目標はいつも同じ。
みんなとの一体感、日常を忘れられるような不思議な「一瞬」。
言葉は良くないかもしれないけど、
僕はもうすっかり、その「一瞬」の中毒、もしくは依存症です。
みんなの緊張が笑顔に変わる瞬間、
その瞬間が大好きです。
明日もよろしくね。
楽しんでください。

 

メールもありがとう。

2012.10.14
「おはよう。」

一夜明け、昨日のことがもはや夢のようです。
楽しかったな。
すごく良いライブをみんなと作れたと思う。
最高の時間をみんなと過ごせたと思う。
いつもあったかい心で包んでくれてありがとう。
優しい気持ちで見守ってくれてありがとう。
僕は本当に幸せ者です。

 
ライブの感想のメールも嬉しかったです。
いつもありがとう。

2012.10.12
「楽しみです。」

明日は渋谷でライブです。
歌いたい曲は決まっているけれども、曲順はこれからです。
でも大丈夫。きっと楽しいライブになります。いつものように。
メールもありがとう。
ちなみに、今日はラジオの録音でした。
でも、みんなに聞いてもらえるのは明後日の夜です。
ライブの翌日ということになります。
ちょっと時差があるけれども、それはそれとして、楽しんでもらえたら嬉しいです。
できる時には生放送もやりたいと思っています。
ライブに来れない人にも、雰囲気が伝わるような番組になればいいな。
ライブもラジオも、楽しみにしていてください。
しつこいようだけど、ネットで聞けます。

 

番組名「SOLID SOUNDS」
放送日、日曜日/22:00~22:29
再放送、月曜日/19:30~19:59
ラジオ高崎
http://www.takasaki.fm/
インターネットサイマルラジオ JCBA
http://www.jcbasimul.com/

2012.10.07
「SOLID SOUNDS」

ラジオ高崎で番組を担当させていただくことになりました。
放送スケジュールの詳細は、もう少しお待ちいただくことになりますが、
第一回分の録音は今週の木曜日、11日と決定いたしました。
基本は音楽番組なのでリクエストなどもお受けいたしますが、
質問や番組への要望など、皆さんの声を反映し、楽しい番組作りができればと思っています。
もちろん、インターネットで聞くこともできます。
まずは、このホームページの「CONTACT」より、皆さんの声をお聞かせください。
お待ちしています。

2012.09.29
「無題」

山上湖の夜明けです。
夕暮れの空や、月夜も美しいけれど、
じつはこの時間のこの場所が大好きです。
鏡のように静まり返った湖面に、
時おり小魚が跳ねて波紋が広がる。
眠っていた生命が息を吹き返す直前。
心躍る瞬間です。

 

TS3I0071

2012.09.28
「無題」

西の空に夕暮れ、東の空には月が昇る。
大気は不安定なゆえに様々に表情を変える雲。
この時期の夕暮れ時は本当に綺麗だね。
今夜もきっと最高の月夜になるんだろうね。

2012.09.22
「無題」

富山に行った友達から鱒寿司をお土産にいただきました。
何となく、鮒寿司を連想して苦手なムードがあったけど、
こちらは発酵モノではなく限りなく寿司な感じ。
白ワインでいただきました。
美味しかった。

 

120922_2006

2012.09.08
「ありがとう。」

「誕生日のお祝いメール」届いています。
みんなの心も届いています。
僕は、とても穏やかな気持ちでこの日を迎えています。
あらためて、自分は幸せ者だなって、実感しています。

いつもありがとう。

2012.09.05
「無題」

皆さんはコレ知ってましたか?
バブルジェリーというモノらしい。
ビーズのような小さい粒を一晩水につけておくと、こうなるようです。
これで植物も育つらしい。
子供の頃に遊んでいたビー玉みたいで奇麗だし、触った感じも悪くない。
雑貨屋さんに売ってるらしいです。

 

まだまだ暑い日は続きそうだけど、微妙に季節の変わり目です。
お身体には気をつけて。

 

TS3I0100

2012.08.29
「無題」

今夜は、ひたすら、丸に近くなってきた月を眺め、
ポテトサラダとバゲットで白ワインをいただいたり、
YouTubeでサカナクションを見ていたりしています。
穏やかな夜です。
まったりです。

2012.08.29
「無題」

「Matt Bianco」を聞きながら、
いよいよワインが止まらなくなってきました。

 

TS3I0081

2012.08.29
「無題」

「Lullaby」というコンピレーション・アルバムを聞いています。
気持ちいいです。

おやすみなさい。

 

TS3I0085

2012.08.23
「無題」

以前にもこのページで紹介したアーティストのブログが本になりました。
さりげなく、リビングのテーブルの上に、もしくはトイレに置いておくのも良いかもしれない。
寝る前に、適当に開いたページの一行だけ読むのもいいかもしれない。
お疲れの時に効きます。

「いろいろあるさ 生きてっからね」奥野敦士(実業之日本社)

2012.08.15
「無題」

昨日の夕方の空です。
一瞬にしてカタチを変えてしまうので、
時を忘れ、つい見とれてしまっていました。

もちろん夜空もよく見上げているんだけど、
見たままを撮影するのはとても無理なことなので、
諦めて、眺めるだけにしています。

 

TS3I0069

2012.08.01
「あらためまして、ありがとう。」

札幌、広島、高崎と、
普段、なかなか行けないところでのライブ、
各地の美しい風景や町並み、人々との触れ合い、
最高にエキサイティングな一ヶ月が無事に終わり、
ほっと一息をつくと同時に、
少しだけ寂しさも感じてしまっている今日この頃です。

この夏の3本のライブ、
じつはどの会場もすべて、
僕一人では、到底、実現できなかったライブなのです。
それぞれの会場で、並々ならぬ情熱と忍耐で頑張ってくれた人達、
その仲間達のお陰でようやく成功まで辿り着くことができたライブなのです。
この場を借りて、感謝の気持ちを伝えたいと思います。
札幌の「チーム長岡」の皆さん、
広島の「チーム木下」の皆さん、
高崎の「No Subject」の皆さん、
すべて皆さん、普段は別のお仕事を持った一般の方達です。
皆さん、おつかれさまでした。
そして、本当にありがとう。
また、いつでも声を掛けてください。

それから、何よりも各会場に集まってくれて、
楽しい空間を作り上げてくれた皆さん、
会場全体がひとつになった瞬間をたくさん感じることができました。
プレゼントやお手紙、それからメールもたくさんありがとう。
早くまた、みんなに会いたいです。

ありがとう。

2012.07.30
「ありがとう!」

昨日も楽しかったな。
みんなと過ごせた時間、最高でした。
お陰でその後のビールも美味しかった。
普段はあんまり飲まないんだけど昨日は特別でした。
久し振りに二日酔い気味です。
みんなが書いてくれた質問用紙、
お手紙やメールと同じように僕の大事な宝物となっています。
早くまたみんなに会いたいです。

いつもありがとう。

2012.07.28
「~四季の社~」

明日、あの空間で皆さんをお迎えできることが楽しみです。
本来は神聖な場所ですから、
身が引き締まる思いもありますが、
でも、最後はみんなの笑顔が見たい。
いつもと変わらぬ、穏やかで和やかな時間を共有したい。

チケットが手に入らなかった人、ごめんなさい。
みんなの心に届くよう、一生懸命に歌います。

2012.07.25
「ありがとう!広島」

広島、最高でした。
平日であるにもかかわらず、
たくさんの人が集まってくれて楽しい夜になりました。
会場の「Live Juke」という箱も素晴らしかった。
19階のガラス張りの壁から観る夕暮れの瀬戸内海、
そして、ライブ中にも振り返れば目映いばかりの広島の夜景。
空間も音の響きもすべてが素晴らしかった。
集まってくれた人達も、
初めて僕のライブに参加してくれた人がたくさんいたと思うけど、
あたたかく歓迎してくれて、嬉しかったな。
本当にリラックスした空間の中で、
良いライブをやらせていただきました。
皆さん、ありがとう。

 

追伸:
ライブ中に約束した「牡蠣について」の報告です。
結果を先に話すと「食べなかった」です。
ライブが終わってから地元の人やスタッフに話すと、
皆、一様に、今はシーズンではないと、
本当に美味しい季節に食べてくださいと言われ、
素直にそれを受け入れて、従うことにしました。
だけど、約束は守りたいので、
また牡蠣のベストシーズンに広島に行きたいと思います。
その時はまた、みんなで楽しい夜を過ごしましょう。

2012.07.22
「楽しみです。」

明日は久し振りの広島です。
アコースティックなスタイルではもちろん初めてだし、
ソロとしてのライブも17年振り。
その時に来てくれていた人達、会えるといいな。
楽しみです。
ゆったりとした時間を過ごしましょう。

2012.07.09
「ありがとう!」

久し振りの北海道、最高でした。
街を歩くと、まるで5月のような爽やかな風が気持ちよく、
少し日陰に入っていると薄手の上着が必要なくらい涼しくて、
空の色や雲のカタチ、それから独特な住居の作りや樹木の種類とか、
すべてのモノがどこか異国、欧州な感じ。
もちろん初めてではないけれども、
今回の旅では、特にそういう印象が強かったです。

もちろん、ライブも気持ちよかったです。
僕のライブに初めて参加してくれた人が多かったようだけど、
でも、みんな、ゆったりとした僕の世界を静かに受け止めてくれて、
暖かい心で楽しんでくれているのを感じられました。
ライブ終了後のサイン会でも、短い時間ではあるけれども、
一人一人と言葉を交わすことができて、触れ合うことができました。
みなさん、ありがとう。
来年の7月7日も、また会えるといいな。

関東、関西から来てくれた人達も、
いつも、ありがとう。

2012.07.06
「出発します。」

明日はいよいよ、札幌でのライブです。
このライブは一人の北海道のファンの方と、ゆっくりと時間を掛けて暖めてきた企画です。
東京から遠く離れた北海道のファンの人達にも、今の松井常松のライブを体験してもらいたい。
彼のそういう強い熱意があって、初めて実現した企画です。
東京や大阪でのいつものライブと同じように、
北海道の人達にも、日常を忘れられるような、ゆったりとした時間を共有してもらいたい。
そのためのセッティングはすべて整えてもらえたので、
後は、その場の空気をみんなで楽しめばいいだけです。
みんなの心に残るような、
七夕の夜にしたいと思っています。
楽しみにしていてくださいね。

2012.05.19
「月の光」

「月の光」

月の光に照らされて
誓った恋は 永遠に
離れられない運命だって
二つとはない出会いだって

逢えない夜は窓を開け
月の光を探してた
迷子になった子供のように
あなたの名前 呼んでいた

時が二人を試してる
月が霞んで滲むけど
あなたが弾いて奏でるならば
私は歌う いつまでも

(作詞曲:松井常松)

2012.04.23
「無題」

桜の花が散って葉桜となり、
代わりに色とりどりの草花が咲き誇り、
いよいよ、最高に気持ちの良い季節がやってきたね。

人は大人になり、年齢を重ねれば重ねるほど、
様々な問題を、それぞれの人が抱えて生きていくことになります。
でもそれは、自身で選んで生まれてきた、
その人だけのオリジナルな、人生のテーマなんだと思う。
だから、いくら辛くても、
時には耐え忍び、それを受け入れ、
乗り越えていかなくてはいけないんだろうね。
その先にしか、明るい未来はないし、
新しい自分と出会うこともないんだろうね。
みんなからのメールを読んでいると、
そんなふうに、考えるようになってきました。
みんな頑張っているんだなって。

たまには、誰かを誘って外に出てみよう。
意外と、世界は光に満ちあふれている、かも。

東京のライブもやっぱり最高でした。ありがとう。

2012.04.23
「MIRAI」

「MIRAI」

 
眠れない Saturday Night
思い出は走馬灯
戻れない 返らない
あの無邪気な日々

猛烈でも 痛烈でも 人生は一瞬の夢
氷河期とか 中世とか 時代さえ儚い夢さ

今を見つめて
ただ希望だけ抱いて行こう
明日を生きよう
流した涙
ただ思い出に変えて行こう
もう 振り返らず

情けない 堪らない
ため息は止まらない
起きれない 歩けない
そんな時もあるさ

豪傑でも 怪傑でも 人知れず悩んでるさ
後悔とか 運命とか 誰かが作った言葉さ

あの夏の日も
あの凍えた 一人の夜も
すべては昨日さ
晴れ渡る空
その彼方に 広がる未来
だけを 見つめて

(作詞:松井常松 作曲:DACHICO)

2012.04.23
「HIKARI」

「HIKARI」

バビロンの住人は盲目に
手当たり次第食べる
自由と正義を旗に掲げ
勇ましく突き進んだ

僕は君のために 何もできない
ただ見守ってゆくだけ

HIKARI on your way, HIKARI in my mind
僕らはずっと進んでく
HIKARI on your way, HIKARI in my mind
世界はいつも動いてく

バビロンの終焉は唐突で
すべてを食べ尽くして
それでも地球は まわり続ける
永遠にまわり続ける

僕は君のために 何もできない
ただ寄り添ってゆくだけ

HIKARI on your way, HIKARI in my mind
世界はいつも変わってく
HIKARI on your way, HIKARI in my mind
僕らはずっと繋がってく

(作詞:松井常松 作曲:DACHICO)

2012.04.19
「無題」

明後日は東京でのライブです。
自分自身が新鮮な気持ちで臨めるように、
セットリストも少し調整してみようと思います。
大阪と同じように、
最高のライブとなることを信じて。

 
楽しみにしていてくださいね。

2012.04.18
「無題」

大阪、最高でした。
今までのすべてのライブの中で、
最高の一夜でした。
メールもたくさんいただきました。
初めて来てくれた人も、
いつも来てくれてる人達も、
みんなが本当にひとつになって楽しんでくれてたこと、
とても嬉しく感じています。
僕がやってきたことは間違ってなかったんだなって、
あらためて、みんなに教えてもらった一夜でした。

ありがとう。

2012.04.18
「追記」

もう少し具体的に言うとね。
いつも来てくれてる人達が、
初めて来てくれた人達のことを、
あたたかく見守ってくれていたというか、
やさしく包み込んでくれていたというか。
そういう感じが、
なんだか、すごく心地よかったんだ。
それが「最高」ということなんだ。

2012.04.13
「無題」

明日のライブ、楽しみにしていてください。
最高の夜にしよう。
おやすみなさい。

2012.04.07
「無題」

ここ数日、毎晩キレイな月が見れるね。
昨日の夕方は、まだ青い東の空に、
白い大きな月を見つけてちょっとびっくりだったけど。
これからしばらくの間は、
「桜の花の隙間から覗く朧月」というのを見れるチャンスもあるしね。
楽しみな季節がやってきたね。

楽しみといえば、
来週末はようやく大阪に行けます。
久し振りの「大阪KNAVE」でのライブ、
もうすぐだね。
また数曲、新しい曲も用意してあるし、
まだこの場での発表はできないけれども、
「限定モノ」も持っていく予定です。
コラムの更新はあんまりできてないけど、
でも、準備は着々と進んでるんです。
だから安心して、
楽しみにしててください。

2012.03.06
「無題」

今日は、まるで初夏みたいに暖かく、
清々しい一日だったね。
短パンに履き替えて、
久し振りに洗車して、
大きな公園に行き、
林の中を走ったり、
池のほとりを歩いたり、
また、気まぐれに走ってみたりと、
陽が暮れるまで、時間も忘れて遊ばせてもらっていました。
見上げた空には、ちょっと早めな朧月が。
途中でガブ飲みした、蛇口からほとばしる水、
子供の時みたいにうまかったな。
今日、お仕事をしていたり、
外に出れなかった人には申し訳ないけど、
本当に、最高の一日でした。
これからの自分に必要なもの、そうでないもの、
新しい夢のヒントみたいなもの、
そして、そこに向かっていくための、
パワーの源、原石みたいなもの、
そういうものが、少しだけ垣間みれたような、
そんな、ラッキーな一日でした。

2012.02.04
「無題」

昨年の10月から始めたベーススクール、
始めてしまえば早いもので、
ほとんどの生徒さんは今月中に卒業となります。
1時間のレッスンが隔週2回で全10回。
マンツーマンでの授業なので、
生徒さん、それぞれの個性に合わせて、
目標や進め方も変えていけます。
手の大きい人もいれば小さい人もいる。
勘が良くて、すぐにその場で出来てしまう人もいれば、
レッスンではじっくり僕のプレイを観察してメモを取り、
家でしっかり練習して完璧にしてくる人もいる。
本当に十人十色です。
でも共通しているのは、みんな一生懸命だということ。
人が一途に何かに打ち込んでいる姿は美しく、
何より可愛らしく魅力的です。
そういう時間を一緒に楽しめるのも残りわずか。
悔いの残らないように、
僕も一生懸命に、見つめていきたいと思います。

2012.02.04
「追記」

スクールが一段落したら、
ライブモードに入ります。
約束どおり、今回は大阪にも行きます。
詳細は後日、発表します。
楽しみにしていてくださいね。

1 / 11