松井常松 Official WebSite.

2010.10.16
「無題」

20年来の友人から、
こんなメールをいただきました。

 

 

「あの有名なピカソって、
あの人ほど絵画のスタイルを変えた画家っていないけど、
描くことに情熱を燃やし続けた人でしょ。
ココ・シャネルは常に新しいモードを作り出しても、
シャネル・スタイルは永遠のものになったわ。
いくらどんな技法を使っても、ピカソやシャネルが作り出すものは 変わらない。。。
昔はそれがなんのことかよくわからなかったけど、
松井さんのライブでそのことを思い出したの。
松井さんは、ずっーと松井常松なんだなぁって・・・
ベースでもアコギでも誰か別の人が歌っていても。
そんなこと当たり前なんだけど・・・」

 

 

ピカソやシャネルには、
ちょっと申し訳ない話だけど、
うれしい言葉でした。

 

自分の胸の内では、
いつもそう信じてやってきたことだけど、
他の人にはわかってもらえないと思っていたことだから。

 

でも、もしかしたら、
みんなもわかってくれているのかな。
だから変わらず、ライブに足を運んでくれるのかな。

 

どんなことがあっても、
何歳になっても、僕の本質は変わらない。
今までも、そして、これから先も。

 

ステージの上では、
いつも生身の松井常松です。

MENU

solidsounds