松井常松 Official WebSite.

2011.04.02
「無題」

子供というのはすごいよね。
生まれた環境に順応して育つ。

何を当たり前のことを、
と、思われるかもしれないけど。

例えば、僕は1960年に生まれ、
エアコンなんて家にはない環境で育った。
お風呂も家にはなくて、銭湯に通っていた。
その後、お風呂付きの家に移ったけれど、
燃料は薪だった。
暖房はコタツだったけれども、燃料は木炭と練炭。

それから高度成長の波に乗り、
生活は加速度を増しながら便利になっていった。
気がつけば、エアコンや自動車は、
誰もが持っていて当たり前のモノになった。
24時間営業のコンビニやファストフード店、
更には、24時間営業の生活雑貨店まで現れた。
電話は一家に1台ではなく、
もはや中学生や小学生までもが持ち歩いている。

一度、便利なモノを手に入れてしまうと、
もう二度とそれがなかった世界には戻れない。
もっともっと便利なモノを欲しくなっていく。
でも、そのために必要なエネルギーの量も、
やはり加速度を増して膨大なものとなっていく。
そして、今日の東京があり、日本がある。
便利なモノを貪欲に追い求めていった結果、
危険だとわかっていたモノにも手を出さざるを得なかった。

もう、大企業や政治家に責任を押しつけている場合ではない。
僕達ひとりひとりがその原因であり、
僕達ひとりひとりにその責任もある。

これからこの国に生まれてくる子供達のために、
僕達はどんな世界を用意してあげられるのか。

それは、例えば、
真冬でもシャツ一枚で過ごせる、自分専用の快適な部屋がなくてもいい。
いつでも熱いシャワーが浴びれる、自分専用の快適な浴室がなくてもいい。
思い立った時にどこでも好きなところに行ける、自分専用の快適な乗り物がなくてもいい。
もしも、みんながそんなふうに考えられるとしたら、
その代わりに、誰もが安心して暮らせる、
心の通い合う、あたたかい世界を手に入れられることだろう。

冒頭で言ったように、
子供というのは生まれた環境に順応して育つ。
だから、たとえ便利なモノや快適な空間が充分でなかったとしても、
彼らはそれを基本として、当たり前のこととして生きていく。
必要なのは真心だ。真心のある社会だ。

MENU

solidsounds