松井常松 Official WebSite.

2011.10.03
「無題」

昨日は長女の結婚式でした。

純白のドレスを身に纏った花嫁を伴い、
十字架を背にした新郎のもとへ、
ウェディング・ロードをゆっくりと進んでいく。
そこから、夢の中のような、
まるで映画のワンシーンを演じているかのような、
現実感のない時間が始まりました。

静まり返ったチャペルの中に、
穏やかな神父様の声が響きます。
オルガンとチェロの音色が解け合い、
聖歌隊に導かれ賛美歌を歌います。

中庭に出ると、摩天楼の隙間から青空が広がっています。
新婦が後ろ向きにブーケを投げ、歓声が上がります。
皆が次々にカメラのシャッターを押します。

それから披露宴会場に導かれ、席に着きます。
誰かが乾杯の音頭をとってくれています。
誰かがスピーチをしてくれています。
二人の写真や動画がスクリーンに映し出されます。
そして、また誰かが歌を歌ってくれたり、
ダンスを披露してくれたり。
もちろん、その合間に、
自分も新婦の父として、飲み物などを片手に、
お客様にお礼の挨拶をしていたりもします。
時々は、目にも鮮やかな料理を口に運んだりして。
暖かく和やかな時間がゆっくりと過ぎていきます。

でも、すべては夢の中です。

その夢から覚めたのは最後の瞬間。
気がつくと、暗くなった会場の正面から、
スポットライトに照らされた花嫁が、
ゆっくりとこちらに向かって歩いて来ます。
そして、目の前で止まり、
静かな笑顔で一言「ありがとう」と。
その瞬間に、一瞬にして感極まりました。
いつの間にか、一人の女性として、美しく成長した娘を誇らしくも思い、
同時に、父親らしいことは何もしてあげることができなかった、という後悔に似た思いも入り交じり、
本当に一瞬にして。

生涯、忘れられない一日になりそうです。

MENU

solidsounds