松井常松 Official WebSite.

2008.04.16
「旬」

八重桜の花を透かし観る
朧月の淡い光に
君を想う その切なさに
頬を伝う夜の雫よ・・・

 

昨年リリースした「ララバイ・オブ・ザ・ムーン」
というアルバムの中の「きさらぎの望月」
からの一節です。
このアルバムをリリースしたのは6/30だから、
みんなが耳にした頃は、
すでに季節は夏に変わっていたわけなんだけど、
歌詞を書いていたのは丁度今頃。
春から初夏にかけての、
清々しくも、生命感あふれる、
まさのこの時期に生まれた曲達だったんです。

 

「春雷」
「Forever」
「世界は光に満ち溢れてる」

 

すでにライブでも定番のナンバーとなっているけれども、
あらためてアルバムとして、
この時期のBGMとして、
やわらかな夜の空気に溶かすように、
流しておいてもらえたら嬉しいです。
だって、今が旬なんだから。

 

080412_1500~0001

MENU

solidsounds