松井常松 Official WebSite.

2006.07.21
「佳境です!」

いよいよレコーディングも佳境です。
最初は僕のギターから始まって、麿君のパーカッション類、それから智君のギターを録らせてもらい、昨日は古村さんのサックスを録らせてもらいました。
一口にサックスと言っても、じつは3種類あるらしく、今日はその内の2種類、テナーとソプラノを持って来てくれていました。もうひとつはアルトってことなんだけどね。
写真はテナーで、いかにもサックスというルックスなんだけど、ソプラノはなんと真直ぐなんです。なんだかオーボエみたいで、あんまりカッコよくないかも。なんて失礼な発言だよね。申し訳ない。
で、話が横道にそれたけれども、さすがに一流ミュージシャン!5時間くらいで、何と10曲も録音させていただきました。ほぼ全曲ワンテイクです。スゴすぎ!
以前、ライブの「インタビュー」で「今は流れを優先したい。今年に入ってから、僕をバックアップしてくれるスタッフやミュージシャン、それから友達にしても、良い出会いがすごく多い。誰かに手伝って欲しいなと思っていたら次々と良い出会いが。今はそれに身をまかせている」というようなことを話し、コラムの方でも「縁とか出会いは不思議なもので、自分の意識の変化に伴って、その時々で出会う人々の種類も変わってくる。何か事を成し遂げようと決意し、汗を流し、知恵を振り絞り、自分の意識のフォーカスが一点に定まってくると、そのために必要な人、協力してくれる人達が次々と目の前に現れる」ということを話したけれども、本当にそれを実感している毎日です。
ということで、後は僕の歌だけですね。
今回のアルバムのひとつのコンセプトは、ライブの再現ということでもあるので、基本的なそれぞれのプレイは一発で決めています。歌だけズルするってわけにもいかないので(笑)肩の力は抜くけれども、ステージの上だと思って一瞬に賭ける気持ちで頑張ろうと思ってます。過去のどのアルバムよりも、この作品が一番好きってみんなが言ってくれるような、アーティスト松井常松の代表作になるような、そんなアルバムに必ず仕上げるから。
期待して待っててくださいね。

 

20060721

MENU

高崎音楽祭

solidsounds