松井常松 Official WebSite.

2010.04.14
「ナイロンナイツ・バンド」

たくさんのメールありがとう。
鎌倉に来てくれた人達、
みんなに楽しんでもらえたんだということが伝わり、
とても嬉しい気持ちです。

 

昼間も良いお天気だったから、
名所巡りや、
観光も満喫できた人もたくさんいたみたいだしね。

 

鎌倉という土地自体はもちろんのこと、
「歐林洞ギャラリーサロン」という、
あのホールの独特の雰囲気は、
アコースティックなライブには、
最高なシチュエーションなんだということも、
あらためて実感したライブでした。
一見、ゴージャスで厳粛なムードではあるけれども、
いざ演奏を始めると、
徐々にではあるけれども、
音楽への集中力を高めさせ、
暖かくミュージシャンを後押ししてくれるような、
そんな「気」が宿っているホールです。
これから毎年、やれたらいいなと思います。

 

「ナイロンナイツ・バンド」の演奏も素晴らしかった。
それぞれのミュージシャンが個性的で、
高い演奏力を持っていることは最初からわかっていたことで、
僕はその上で、いつも安心して自由に遊ばせてもらっていた。
でも今回は、何かが違っていた。
僕も含め、もっと高いところで「ひとつ」になっていた。
一人ひとりの音がはっきりと聞こえ、
個々のプレイにみんなが呼応して、
瞬時にして、
緻密にサポートしていくような、
今までにない、
一体感を感じることができた。

 

一人ひとりの個性が溶け合って、
ひとつの大きな塊となり、
今まで誰も聴いたことのない、
まったく新しいサウンドが出来上がった。
「ナイロンナイツ・バンド」は、
本当のバンドになった。
これは無意識だし、
予想外なことだっただけに、
本当に嬉しい出来事で、大いなる発見でした。

 

この愛すべき人達と、
あとどれくらい一緒に演奏できるのかは、
誰にもわからないことだけど、
その一瞬、一瞬を、真摯な気持ちで受け入れて、
全力で楽しんでいきたいと思います。

 

応援、よろしくね。

MENU

solidsounds